今話題の大腸炎

実は自分はクローン病という病気になりました!

今話題の潰瘍性大腸炎は大腸炎だけの疾患ですが自分は消化器系全体に炎症があった為クローン病院と診断されました。

同じ様な疾患を持つ者として今回の辞任は個人的には残念です。安倍さんがやってきた事や振る舞いは全く考慮はしていません。

格闘家やお笑い芸人や先輩など疾患に言い訳をせず頑張っている姿を見ています。

参考までに自分がなった当時の経験を一部書いて行こうと思います!


社会人になり3年位たったある日から便の回数が増えていました。

元々お腹は弱い方であまり気にせず生活をしていると段々と間隔は狭くなり、1時間2回位のペースで行っていた時期もありました。血便も良くあったのを覚えています。

そんな生活をしていたら今度は口内炎が出てきます。

勝手に治るだろうと思ってそのまま生活をしていましたが治る所かどんどん数が増えてきます。

最初は口の周りだけでしたが喉の方にも口内炎が出来て来ました。

そして熱が38度位なってきてなんとなく体がだるいなと。

これもその内治るだろうと病院には行かず仕事をしていました。

しかし、腹痛、便の回数、口内炎、熱がどんどう酷くなり、口内炎が痛すぎてご飯が食べれず+夜中のに腹痛、便により1時間1回位はトイレに行っていた影響で睡眠も満足に取れなくなってきます。

これはまずいなと思い始めてようやく病院に行きました。内視鏡検査を潰瘍が見つかりましたが原因を追求する為、病理検査に回されました。しかし検査結果がわかるまでには1週間はかかると言われその期間は特に何も対処をしない状況が続きます。

感染による影響であれば抗生剤の類、免疫による炎症であればその類の薬をもらえますが今の状況だけでは処方出来なかったのでしょう。

しかしこの1週間自宅待機の予定でしたがどんどん症状が悪くなります。眠れない、食べれない、熱も40度近く上がりました。

我慢ができず土曜日に内視鏡を行った病院ではない急患対応している病院にいき入院になったのです。


この経験から学んだ事!

身体の反応は真摯に受け取る!

自分は身体が出しているサインを無視してしまっていたのです。身体が出す症状は身体の声なのです。それを無視し続けた影響により痛い目を見ました。

食事には気を使う!

当たり前ではありましたが身をもって痛感します。当時は中々自炊という頭がなく食事を取っていました。今では自炊がメインになりました。

今でもたまに悪くなる事もありますがある程度コントロール出来ています。無くなる物ではなく付き合っていくものになりますが良い経験です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。